古くなった鍵のトラブル回避のためにも最新の鍵に交換しよう

キー
  1. ホーム
  2. 新しく変える

新しく変える

家と鍵

引っ越ししたらまずすべきこととは

アパートやマンションなどの賃貸物件に引っ越したなら、鍵を変えることが必要です。物件の管理会社に、鍵を新しく変更しているかどうか確認しましょう。もし、変更していないなら新しく付け替えることをおすすめします。鍵を付け替えるメリットとして、防犯上の理由があげられます。空き巣の被害にあわないためには、注意が必要です。ピッキングや破壊されにくい鍵には様々な種類があります。予算とも相談して、業者に的確なものを付け替えてもらうといいでしょう。自分で付け替えることも不可能ではありませんが、信頼できる業者に依頼した方が後々のトラブルを招きにくくなります。シリンダーをはずしたはいいが、付け替えることができなくなったという状態で放置するのは危険です。プロに任せると安心です。

鍵を変えなかったことで起きるトラブル

自分が初めてその部屋に住む、という場合には以前の住人のことを気にする必要はありません。新築物件が人気なことの一つに、こうした防犯上のメリットがあげられます。必ずしもすべての場合にあてはまるわけではありませんが、賃貸物件に引っ越した時、鍵を付け替えずにそのまま使用していると、以前同じ部屋に住んでいたことのある住人が忍び込むという可能性もありえなくはないからです。以前の住人が善良な人物であったとしても、他の誰かに合い鍵を渡していないとも限りません。住人が気づかないうちに、鍵がまったく他人の手に渡っていたということも考えられなくはありません。家族など信頼できる人の他にも、友人や恋人などに合い鍵を渡すということも考えられることです。